遺体感染管理士のご案内

遺体感染管理士のご案内

遺体感染管理士とは

遺体感染管理士とは、死後処置に携わる看護師・助産師・介護福祉士等を対象に、有限会社エル・プランナーが付与する民間資格です。遺体感染管理士は、最後まで安全で人にやさしい死後ケアを目的とするご遺体からの感染予防のための専門家です。遺体感染管理士の業務内容は、死後処置業務に伴う標準予防策の実施、搬送業者等への安全な引き継ぎ、死後処置マニュアルの作成、死後処置技術の教育・指導を行うなど、ご遺体分野における病院・施設等の環境感染の予防に従事します。

遺体感染管理士 創立の背景

医療では、感染予防対策に関連する組織として、ICN(Infection Control Nurse:感染予防対策看護師)やリンクナース(LN:Link Nurse:感染予防対策部署内担当看護師)が配備されていることは、すでにご承知のことと思います。本来であれば、死後処置業務も環境感染予防の対象ですが、現実的には、死後処置業務までは全国的に普及していないのが現状です。言い換えると、死後処置業務後の従事者の手を介して、院内感染の可能性が起こります。
また、死後処置業務は、院内感染の予防や医療従事者の安全だけではなく、ご遺族の安全等ご遺体の搬送や帰宅後の公衆衛生にも関与するため、感染予防を前提とした死後処置が実施されなければ、一般人の安全が脅かされることは否めません。

ご遺族や葬祭業従事者など、ご遺体の搬送中や帰宅後に、血液・体液の流出に遭遇した人たちからは、「病院では、死後処置をしてくれなかったのか」と、永年に渡り血液等の流出が後を絶ちません。
これまで、ご遺族や葬祭業から、声を上げてご遺体の流出被害を口にする人はありませんでしたが、近頃は、病院へクレームが上がっています。血液等が流出していては、感染予防の観点からだけではなく、ご遺体の尊厳が守れないことはいうまでもありません。

弊社有限会社エル・プランナーは死後処置の専門家として、血中ウイルス感染症等をはじめ近年及び将来における感染事情を踏まえ、感染予防対策上の死後処置技術の必要性を提唱し続けてきました。
そのような経緯から、最後まで安全で人にやさしい死後ケアを目的に、お亡くなりになられた患者様の尊厳のために、院内感染予防及び医療従事者の安全と公衆衛生の安全の視点に立って、ご遺体からの感染を予防する専門家の普及を目指し、遺体感染管理士の認定資格制度を設けました。

遺体感染管理士の院内の位置づけ

遺体感染管理士は、ご遺体分野における感染予防対策担当者(担当看護師、担当介護士等)として、看護部長、看護師長、施設長等の承認を得て、死後処置の技術指導やマニュアル作成、教育研修等の活動をします。医療機関においては、自分が勤務する部署をはじめとし、死亡が発生する他部署の教育研修も行います。交代制勤務状況やより充実した指導を行うために、死亡が発生する部署ごとに1名以上の遺体感染管理士がいることが望ましく、院内に複数の遺体感染管理士がいる場合は、遺体感染管理士(委員)会を設けて研修等を行います。必要に応じて、ICNやリンクナースとの連携をはかります。

遺体感染管理士の

病院や施設に遺体感染管理士を配備することで、病院・施設の環境感染の予防が充実するとともに、ご遺族の安全等帰宅後の公衆衛生に寄与します。より衛生的で安全な死後処置技術を実施することで、ご遺体の尊厳を守るとともに、特に感染症が判明している場合などのご遺族の不安に対し、安心していただける説明をすることができ、病院・施設の信頼につながります。

認定資格者の対象

医療・介護に3年以上の勤務経験を持つ有資格者で、助産師・看護師・介護福祉士・介護士を対象とします。

認定資格取得までの流れ

遺体感染管理士養成講座(理論・実習)6時間30分を受講し、遺体感染管理士試験合格者に認定資格を授与します。

遺体感染管理士 養成講座 申込み

遺体感染管理士 養成講座 受講費用・受験費用の支払い

遺体感染管理士 養成講座 受講
遺体感染管理士 認定資格試験 願書提出

遺体感染管理士 認定資格試験 受験
(自宅で試験用紙に解答していただき有限会社エル・プランナーへ郵送していただきます)

遺体感染管理士 合格者へは「遺体感染管理士認定書」授与、不合格者へはその旨を通知

認定資格取得までの流れ

① 受験のお手続きは、「遺体感染管理士認定資格養成講座」の受講当日、受験願書を配布しますので、記入し提出して頂きます。
② 認定資格養成講座終了後、1週間以内に試験問題を郵送します。
③ 自宅で試験問題に解答し返信封筒に入れエル・プランナーまでご返信ください。
④ 合格の場合は合格通知とともに認定証を1か月以内に郵送します。
  不合格の場合はその旨を郵送します

遺体感染管理士の今後の展開

遺体感染管理研究会(D9ICG)を発足し、全国的なネットワークづくりと、より充実したご遺体からの感染管理、遺族ケア、死後処置技術等の研究を行っていきたいと考えています。将来的には、遺体感染管理士認定資格者の幅を葬祭業従事者、搬送業者へと広げ、医療と葬祭業が共にご遺族の安全に寄与するとともに、葬祭業従事者が担う医療が関与しない不慮の事故等検案対象事例の感染予防対策や、災害時等の支援協力も念頭に入れ活動していきたいと考えます。

認定資格講座

遺体感染管理士とは

Q. 遺体感染管理士試験に合格するのは、難しいでしょうか?
A. 遺体感染管理士試験は、落とすための試験ではありません。多くの方々に医学的根拠のある感染予防対策上の死後処置実務を学んでいただき、実践していただくことを目的とする認定資格制度です。多くの合格者が生まれることを願って試験を行いますのでご安心ください。

Q. 遺体感染管理士養成講座の通信教育制度はありますか?
A. 遺体感染管理士養成講座は、医療マネキン等を使用した実習を行う関係上、通信教育は行っていません。

Q. 遺体感染管理士養成講座の支払いは、分割払いはできますか?
A. 誠に申し訳ございませんが、一括のお支払いをお願いしています。

Q. 遺体感染管理士の案内書は、ありますか?
A. 大変申し訳ございませんが、案内書は作成していません。案内書が必要な場合は、ホームページをプリントアウトしてご利用くださいませ。

Q. 介護士ですが、受講対象になりますか?
A. はい。受講いただくことが可能です。看取り介護を行われる施設が増えています。また、訪問看護の現場でも、看護師だけではなく、介護士の方々も死後ケアを行うことが必要になってきます。死亡者数は10年後には、200万人になると推定されています。現在の約2倍の人が亡くなる時代に入っています。現在は、死後ケアは看護業務として行われていますが、将来的には介護士の方々に荷なっていただかなければならない時代になることが予想されます。ぜひこの機会に、正しい死後ケアの手技を学んでください。介護士の皆様のご参加をお待ちしています。

Q. 認定資格を取得したら、転職に有意ですか?
A. 認定資格を取得されたからといって、就職活動に有意に働くものではありません。認定資格養成講座は、死後ケアに従事する方やこれから携わる方、しっかり学んでおきたい方などのために専門学習の機会として設けています。認定資格は、感染予防対策上の死後ケアを学習されたことを証明するためのものです。死後ケア業務や死後ケア指導等を行う際に、伝達する情報の専門性・信憑性に役立てて頂くものです。

ページのTOPに戻る